読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日の晩飯

主に興味を持っているものを

ニッカ

余市、宮城峡が無くなってしまう。

年代物をやめて、刷新するとかしないとか。

 

自分にウィスキーの美味しさと楽しさを教えてくれたのは、まさにこれら。

本当に手ごろで飲みやすいし、年代物はまた別格の味わいがありました。

 

そんな余市と宮城峡は新たに生まれ変わるそうで。

 

飲みたい気持ちもあるが、その逆の気持ちも少し。

 

企業が生きていくには、売れるときに売らねばならないのは分かる。

ただ、そこに職人魂みたいなものは、俺でもわかるくらいに残して欲しいと思うのであった。

 

サラダ、ヨーグルト、余市